この声をきみに 見逃した/見逃し配信ビデオマーケット/ユーネクスト比較

この声をきみに動画見逃した/見逃し配信ビデオマーケット/ユーネクスト比較

 

*9月8日は秋田地震による途中終了のため、9月15日に再度第1話が放送されます

(再放送予定も変更追記します)

 

この声をきみにドラマの放送地域、放送時間

 

NHKドラマ10
2017年9月8日(金曜日)午後22:00~

ドラマ10 この声をきみに動画無料視聴・見逃し配信(再放送nhkオンデマンド)できるVOD

U-NEXT

U-NEXTは、日本最大級のビデオ・オンデマンド 配信本数120,000本以上で一カ月間の無料お試しキャンペーンしています。

 

動画、映画、ドラマ、アニメなどの動画が最新作から名作まで充実しています。

雑誌も70誌以上読み放題!PC、スマートフォン、タブレット、テレビなどで今すぐ楽しめる新しいエンターテイメントサービスです

今ならビデオ見放題(雑誌読み放題)が31日間無料で見ることができます。

また、最新作や電子書籍などのポイント作品も600円分無料でお楽しみいただけるポイントもプレゼントも実施しているため、動画だけでなく原作も無料で読めます。

★携帯電話料金とまとめて支払いが可能になりました!クレジットカードが無くても利用できます。

 

 

U-NEXTの公式サイトは、下の文字をクリックしてください

 

この声をきみに U-NEXTの一カ月間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

 

ビデオマーケット

国内最大級17万本以上の動画が楽しめるVODサービスです。
料金体系は月額500円(税抜き)のプレミアムコース。
こちらのコースでは毎月540ポイントがされ
お好きな動画をチョイスして視聴出来ます。
見たい作品が複数ある場合はポイントを都度購入。
あなたの見たい作品は必ずビデオマーケットにある!
低価格で楽しめる、始められるオンデマンドサービスです。

プレミアム&見放題コース
月額980円(税抜き)で見放題作品が視聴できます。
毎月540ポイントがされ、見放題以外の作品も視聴可能。

ビデオマーケットの公式サイトは、下の文字をクリックしてください

 

今なら初月無料!動画を見るならビデオマーケット!

 

 

 

 

 

この声をきみにドラマに期待すること

 

まず一番最初に「もっともいけていない竹野内豊」というフレーズに興味を持ちました。

二枚目俳優でどんな役でも格好よく見える人の、カッコ悪い役は今までほぼ見たことがないので、そんな竹野内豊がどんなにダサイのかと考えるだけですごく興味深いです。

そして作品のテーマが朗読。正直、朗読と言われてもいまいちピンとこないし、過去にそのテーマについて考えたこともありません。

だから私のなかでとても未知数です。

でも現在のデジタル社会だからこそ、このテーマは栄えるし重要性があるんだと感じます。

人の声や言葉でいろんな感情が表れるし、その人の声を聞くと気持ちが落ち着いたり不安な気持ちが消えたり、声や言葉は無限の力を持っていると思います。

ドラマ内で竹野内さんの落ち着いた低い声でいろんなことが表現されていくのかと思うととても楽しみです。

脚本家の「音読と朗読の違い」を表現するというお話がとても印象深くて、私は音読と朗読の違いを説明することは出来ないので、どうゆうことなのかとても気になりました。

まだドラマは見ていませんが、朗読教室について調べてみようと思いました。

個人的にJUJUが大好きなので主題歌もドラマに色を付けてくれる素敵な曲なんだろうと期待しています。

全体的に大人がゆっくり楽しめる作りのような気がするので、子供を寝かせて1人で楽しむ感じの作品ですね

 

この声をきみにドラマのあらすじ

 

穂波孝(竹野内豊)は、なんとも冴えない大学の数学講師です。

おまけに性格も偏屈と来ています。

彼は周囲からつまらない男としてしっかりと認知されてしまっていました。

家庭では、嫁の穂波奈緒(ミムラ)に子供ともども出ていかれてしまって、おまけに、大学の学部長からも、朗読教室へ行けと言われてしまう始末。

そんな彼が仕方なくやって来た朗読教室だったのですが、ここで災難が。

よりによって、朗読教室の講師である江崎京子(麻生久美子)とケンカしてしまうのです。

穂波孝は江崎京子からつまらない男と言われてしまいました。

一方、彼も江崎京子に対して、偉そうな女だという悪感情を抱いてしまうのです。

こうやって、いったんケンカ別れとなってしまった、2人。

しかし、ひょんなことから再会することになって、穂波孝は江崎京子の朗読教室で彼女の指導を受けることになっていくのでした。

穂波孝が人間として変われるのかどうかが試されることになります。

 

この声をきみにドラマのキャスト

 

穂波孝(竹野内豊)、江崎京子(麻生久美子)、穂波奈緒(ミムラ)、穂波定男(平泉成)、八坂淳子(仁科亜季子)、東原正規(松岡充)、佐久良宗親(柴田恭兵)、福島雅夫(杉本哲太)、磯崎和代(片桐はいり)、柏原喜巳子(堀内敬子)、稲葉美鈴(大原櫻子)、河合雄一(戸塚祥太)、熊川絵里(趣里)、五島由紀夫(永瀬匡)

 

この声をきみにドラマのスタッフ

 

製作総指揮:磯智明

制作統括:磯智明

演出:笠浦友愛、樹下直美、上田明子

作:大森美香

脚本:大森美香

音楽:fox capture plan

主題歌:JUJU

 

この声をきみにドラマに出演している竹野内豊さんについて

 

竹野内豊さんの魅力は、様々な顔を持っているところだと思います。

オフィシャルサイトなどから受ける竹野内豊さんのイメージは、渋くてカッコいいおじさんというものです。

長めの前髪が額にかかり、こちらをジッと見つめてくる彼の写真にはドキリとするものがありました。

また、着ている衣装も暗めの色のTシャツ・カーディガン・ジーンズというラフなものですが、かえってそれが彼の鋭い一面を引き立たせているのです。

一方で、ドラマなどで観るカッコいいけど、ちょっと残念なおじさんという竹野内豊も素敵です。彼のような上司がいれば、毎日、職場へ行くのがとても楽しみなるでしょう。

おそらく、普段の竹野内豊さんは、こちらの雰囲気に近いのかな、と思っています。

彼は、ツイッターなどをやっていらっしゃらないので、あまりプライベートを見ることができません。

けれど、オフィシャルサイトにある写真の中には、撮影の合間に撮られたであろう写真がいくつか載せられており、そこにいるからの顔は優しい眼差しです。

例えば、海外で撮られた写真には、高齢の男性と手を繋いだ竹野内豊さんが写っていますが、その時、彼は中腰に近い態勢になり、その老人と頭の高さを同じにしていました。