スパイダーマン 映画 動画 吹き替えフル無料視聴auビデオパス

『(500)日のサマー』のマーク・ウェブ監督が、アンドリュー・ガーフィールドを主演に迎えて描く、『スパイダーマン』の新シリーズの第2作となる本作。

宿敵グリーン・ゴブリン、高圧電流を操るエレクトロ、サイ型のパワードスーツを身につけたライノという3人の強力な敵の出現に、ニューヨークを守るべくスパイダーマンが立ち向かいます。

 

アメイジング・スパイダーマン2 映画視聴はauビデオパス、ビデオマーケット、Hulu

 

auビデオパス

 

 

auビデオパスの公式サイトは、下の文字をクリックしてください

 

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

 

ビデオマーケット

 

 

ビデオマーケットの公式サイトは、下の文字をクリックしてください

 

今なら初月無料!映画作品が充実!ビデオマーケット

 

Hulu

 

 

Huluの公式サイトは、下の文字をクリックしてください

 

24、スパイダーマンなど、映画や海外ドラマが見放題!今すぐ無料視聴!

 

アメイジング・スパイダーマン2 映画の見どころ

 

前作ではコンプレックスに凝り固まっていたピーターのキャラクター造形も大幅にチェンジされています。

また、ロマンチック・コメディーでは恋愛に横やりが入るのが鉄則ですが、本作でその役割を果たすのはグウェン(エマ・ストーン)の父親であるステイシー警部(デニス・リアリー)です。

ニューヨーク市警に勤める彼は、何とスパイダーマンを無法者として逮捕しようとするのですがそのことを知ったピーター(アンドリュー・ガーフィールド)が、グウェン(エマ・ストーン)に自分がスパイダーマンであることを告白します。

恋人の父親が敵に回ってしまったピーター(アンドリュー・ガーフィールド)と、愛する男性と父親の間で揺れ動くことになるグウェン(エマ・ストーン)。

ほほ笑ましくも悩ましい二人のロマンチック・コメディー的要素を強めたことにより、より万人受けする物語になったことは間違いありません!

そしてある日突然姿を消したピーター(アンドリュー・ガーフィールド)の両親、彼らの失踪は何が原因だったのか?ピーター(アンドリュー・ガーフィールド)はある出来事をきっかけにまた両親の失踪の原因を探ります。

その過程でピーター(アンドリュー・ガーフィールド)はメイおばさんから驚くべき話を聞くのです。

 

アメイジング・スパイダーマン2 映画のあらすじ

 

オズコープの科学者であるリチャード・パーカー(キャンベル・スコット)は失踪理由をビデオメッセージに記録します。

リチャード(キャンベル・スコット)と妻のメアリー(エンベス・デイヴィッツ)が乗ったプライベートジェットは暗殺者にハイジャックされ飛行機は墜落し、リチャード(キャンベル・スコット)とメアリー(エンベス・デイヴィッツ)は死んでしまうのです。

リチャードの息子であるピーター・パーカー(アンドリュー・ガーフィールド)はスパイダーマンとしてニューヨークの犯罪と戦い続けていました。

スパイダーマンはトラックで暴走するアレクセイ・シツェビッチを逮捕し、そのまま恋人グウェン・ステイシー(エマ・ストーン)が待つ高校の卒業式へ向かいます。

ピーター(アンドリュー・ガーフィールド)は彼女の亡き父ジョージと交わした「彼女を危険に巻き込まないために別れる」という約束を果たせず苦しんでいました。

その頃、ピーター(アンドリュー・ガーフィールド)の旧友ハリー・オズボーン(デイン・デハーン)がマンハッタンに戻ってきます。

ハリー(デイン・デハーン)はオズコープのCEOノーマン・オズボーン(クリス・クーパー)の息子であり、父の死後、ハリー(デイン・デハーン)はオズコープの新CEOに就任します。

オズコープで働くマックス・ディロン(ジェイミー」・フォックス)は、街の送電システムを設計した優秀な電気技師だったが、その冴えない風貌と性格から誰からも好かれず、自身の命を助けてくれたスパイダーマンに異常な執着を見せていました。

ある夜、彼は作業中の事故で電気人間(エレクトロ)になってしまい、その力をコントロールできずタイムズスクエアを停電させ破壊してしまうのです。

ディロン(ジェイミー・フォックス)は捕縛され、カフカ博士(マートン・チョーカシュ)がいるレイブンクロフト刑務所へ収容される。ディロン(ジェイミー・フォックス)は自らエレクトロと名乗りスパイダーマンの命を狙うようになってしまいます。

 

アメイジング・スパイダーマン2 映画のキャスト

 

ピーター・パーカー/スパイダーマン(アンドリュー・ガーフィールド、前野智昭)、グウェン・ステイシー(エマ・ストーン、本名陽子)、マックス・ディロン/エレクトロ(ジェイミー・フォックス、中村獅童)、ハリー・オズボーン/グリーン・ゴブリン(デイン・デハーン、石田彰)、ドナルド・メンケン(コルム・フィオール、家中宏)、フェリシア(フェリシティ・ジョーンズ、森夏姫)、アレクセイ・シツェビッチ(ライノポール・ジアマッティ、楠見尚己)、メイ・パーカー(サリー・フィールド、一龍斎春水)、メアリー・パーカー(エンベス・デイヴィッツ、吉田美保)、リチャード・パーカー(キャンベル・スコット、てらそままさき)、アシュレイ・カフカ博士(マートン・チョーカシュ、梅津秀行)、黒服の男(ルイス・キャンセルミ、鈴木幸二)、幼いピーター(マックス・チャールズ、関根航)、アリスター・スマイス(B・J・ノヴァク、花輪英司)、謎の男(マイケル・マッシー、小島敏彦)、ノーマン・オズボーン(クリス・クーパー、小川真司)

 

アメイジング・スパイダーマン2 映画のスタッフ

 

監督:マーク・ウェブ

脚本:アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー、ジェフ・ピンクナー

原案:ジェームズ・ヴァンダービルト

製作:アヴィ・アラッド、マシュー・トルマック

製作総指揮:アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー

音楽:ハンス・ジマー

撮影:ダニエル・ミンデル

編集:ピエトロ・スカリア、エリオット・グレアム

製作会社:マーベル・エンターテインメント

配給:コロンビア映画

 

アメイジング・スパイダーマン2 に出演されているアンドリュー・ガーフィールドさんについて

 

アメリカ人の父とイギリス人の母を持ち、両方の国籍を保持しています。

3歳のときにイギリスへ渡り、学生のころから芝居を始めたようです。

19歳でイギリス・ロンドンの演劇学校「セントラル・スクール・オブ・スピーチ・アンド・ドラマ」に入学。本格的に演技の勉強に取り組み始めました。

幼い頃から細く、小心者だったというアンドリュー・ガーフィールドは、そのことで、いじめを受けていた経験をもち、当時それを忘れるために「スパイダーマン」シリーズのコミックをよく読んでいたのだそうです。

このころから、アンドリュー・ガーフィールドにとってスパイダーマンは実際に憧れのヒーローだったようでまさか自らがスーパーヒーロー・スパイダーマンを演じることになるとは思ってもいなかったでしょう。

 

アメイジング・スパイダーマン2 映画のまとめ

 

人物の感情描写、スパイダーマンとしての仕事、グウェンとの関係、父の真実、新しい敵、親友の裏切り、アクション、恋、すべてがバランス良く詰まった作品となっています。

2時間超えの作品となっていますが、そう思えないスピード感で圧倒してくれます。