キュウレンジャー 見逃した場合無料見放題auビデオパス宇宙戦隊

宇宙戦隊キュウレンジャー 見逃した場合無料見放題auビデオパス

 

宇宙戦隊キュウレンジャーはauビデオパスの一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため、無料視聴/見逃し配信/再放送できます。

宇宙戦隊キュウレンジャー見るならauビデオパスです。

 

 

 

下記はauビデオパス公式で(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

動画を見るならビデオパス!月額562円で見放題

 

宇宙戦隊キュウレンジャーの放送日はいつ?放送時間は

2017年9月3日の午前7:30からです

宇宙戦隊キュウレンジャー動画無料視聴youtube予告

 

 

仮面ライダービルドの動画あらすじネタバレ

 

1ラッキーたちは、アキャンバーの罠にはまり敵の手に落ちたナーガ奪還へ。バランスは自分が迎えに行けばナーガはすぐに元通りになると信じていたが、すっかり変わってしまったナーガに攻撃されてしまう。アキャンバーによると、ナーガを元に戻すには激しい痛みを与えるしかないという。しかし、バランスはナーガを攻撃することができない。そこに、ナーガにそっくりなヘビツカイ座のエキドナが現れ…

宇宙戦隊キュウレンジャーフルに見れる「auビデオパス」

au公式ビデオパスは月額562円(税抜)で映画やドラマ・アニメを好きな時に好きなだけみることができる動画配信サービスです。

特徴1★初回30日間無料
見放題プランへ初回ご加入の場合に限り、30日間無料でお試しいただけます。

特徴2★毎月もらえるビデオコインで新作レンタル可能
見放題プランにご加入いただいているお客様は、毎月ビデオコインが540コイン(540円相当)付与されます。

特徴3★マルチデバイス対応
スマートフォン・タブレット・パソコンなどマルチデバイスで楽しめます。
スマートフォンで見ていた映画の続きを、パソコンやタブレットで楽しむことも可能!テレビならHD画質で視聴が楽しめます。

当社提携サイト公式より引用

下記はauビデオパス公式で(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

動画を見るならビデオパス!月額562円で見放題

 

 

仮面ライダービルドのキャスト

声の出演

オオカミブルー/ガル:中井和哉 テンビンゴールド/バランス:小野友樹 オウシブラック/チャンプ:大塚明夫 ワシピンク/ラプター283:M・A・O リュウコマンダー/ショウ・ロンポー:神谷浩史 ドン・アルマゲ:谷昌樹 クエルボ:浪川大輔 ククルーガ:内田直哉 エキドナ:恒松あゆみ アキャンバー:小宮有紗 ナレーション:木村昴

◇スタッフ

原作:八手三郎 脚本:毛利亘宏 音楽:山下康介 アクション監督:福沢博文 特撮監督:佛田洋 監督:柴崎貴行

◇主題歌

オープニング「LUCKYSTAR」 歌:幡野智宏 エンディング「キュータマダンシング!」 歌:松原剛志 ダンス振付:ラッキィ池田氷室幻徳(ひむろ・げんとく):水上剣星

宇宙戦隊キュウレンジャー動画のネタバレあらすじ感想

キッカケは、本当の感情を取り戻す為にキュウレンジャになったナーガ。

皆が喜怒哀楽を見せる姿に、かなり焦りを感じた結果が敵になる破目になったんですが…。

しかも、ハミィはかなり責任を感じている様子ですね。

でも、ここからが大事なんですよ!

確かに、救世主とはかけ離れた存在を現時点で選んだナーガです。

しかし、敵とは言えアキャンバーに潜在能力を引き出したもらったのは確かなんですよ。

微妙なコスチュームの変化とは裏腹に、とてつもない強さがあったのは確実ですよ。

変な話ですが…本能覚醒した状態こそ生きがいのある人生なのかも知れません。

矛盾を抱えながら、どこかで覚醒したいと願う人が多いからこそのストーリーだとも取れる26話な気がします。

それに、ナーガの顔つきは生き生きとして嬉しそうなんですね?

ヘビツカイ座系一族が、自分を抑え込んで平和を望んでいたのが正解かは分かりません。

話は違うけど…戦闘民族でも、サイヤ人みたいになれるはずですから。

本当の強さを理解し、大事な人を傷つける怖さを知る為にも…もしかしたら必要な本能覚醒ではないでしょうか?

こんな答えも、次回で見えて来そうな気がしますよ!

因みに、ナーガ役の山崎大輝さん。

ダークナーガで時より見せる笑顔は、普段のイケメンが全面に出ていますね。

実は、演技で抑え込んでいる笑顔が出せてファンには嬉しい部分かも…ですね!?

宇宙戦隊キュウレンジャーこれまでの感想ネタバレ

 

前回の予想と反して、コメディタッチな雰囲気で楽しめたキュウレンジャです。

説明としては、猿芝居的な発想でインダベー達が罠にはめたと言う結末なんですが…。

でも、あのジャークマターが時間稼ぎをした事に疑問も感じてしまいましたよ。

あれ程の力を持ち、強力な部下が沢山いるのにも関わらず”弱すぎる部下”を採用したのは何故なんでしょうか?

子供には、純粋な気持ちで楽しみながら少し謎めいた内容だと感じさせますね。

但し、大人目線で言うと…まだ違う裏があると期待してしまいますよ。

敵をあっけなく倒したツルギは、秘密がある事を確信していました。

その秘密には…もっと違う何かがあるのではないかと推測中な私です。

例えばなんですが…いつ大きな影で実態の見えないジャークマターですよね?

昔、ツルギと戦った時にも今と変わらない雰囲気です。

そこから導き出されれる推測とは。

「チョーちっちゃい説です!」

大きさで例えると…借り暮らしのアリエッティサイズ感をイメージしております。

なので、サイズコンプレックスがあるジャークマターは考えました…。

投影した映像で、自身の力を更に強大な存在にしたいのでは!?

そこに大人隠し味の”投影”と”東映”を加えると繋がりそうじゃありませんか。

ダジャレみたいですが…チョット本気です。

しかも、ジャークマター洗脳能力ずば抜け説も捨てきれなていない私。

ここはしつこいかな…。

それはさて置き、今までを振り返る箸休め的な27話も実はOKなんですね!