キュウレンジャー 見逃し配信 無料再放送auビデオパスの解説

キュウレンジャー 見逃し配信 無料再放送auビデオパスの解説

Auビデオパスなのでauユーザーしか登録できませんが、ドコモやソフトバンクのスマホからでものぞき見はできます。

宇宙戦隊キュウレンジャーはauビデオパスの一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため、無料視聴/見逃し配信/再放送できます。

宇宙戦隊キュウレンジャー見るならauビデオパスです。

 

下記はauビデオパス公式で(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

動画を見るならビデオパス!月額562円で見放題

 

宇宙戦隊キュウレンジャーの放送日はいつ?放送時間は

2017年9月3日の午前7:30からです

宇宙戦隊キュウレンジャー動画最新話無料視聴youtube予告

 

 

仮面ライダービルドの動画最新話話あらすじネタバレ

 

1ラッキーたちは、アキャンバーの罠にはまり敵の手に落ちたナーガ奪還へ。バランスは自分が迎えに行けばナーガはすぐに元通りになると信じていたが、すっかり変わってしまったナーガに攻撃されてしまう。アキャンバーによると、ナーガを元に戻すには激しい痛みを与えるしかないという。しかし、バランスはナーガを攻撃することができない。そこに、ナーガにそっくりなヘビツカイ座のエキドナが現れ…

宇宙戦隊キュウレンジャー初回~フルに見れる「auビデオパス」

au公式ビデオパスは月額562円(税抜)で映画やドラマ・アニメを好きな時に好きなだけみることができる動画配信サービスです。

特徴1★初回30日間無料
見放題プランへ初回ご加入の場合に限り、30日間無料でお試しいただけます。

特徴2★毎月もらえるビデオコインで新作レンタル可能
見放題プランにご加入いただいているお客様は、毎月ビデオコインが540コイン(540円相当)付与されます。

特徴3★マルチデバイス対応
スマートフォン・タブレット・パソコンなどマルチデバイスで楽しめます。
スマートフォンで見ていた映画の続きを、パソコンやタブレットで楽しむことも可能!テレビならHD画質で視聴が楽しめます。

当社提携サイト公式より引用

下記はauビデオパス公式で(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

動画を見るならビデオパス!月額562円で見放題

 

 

仮面ライダービルドのキャスト

声の出演

オオカミブルー/ガル:中井和哉 テンビンゴールド/バランス:小野友樹 オウシブラック/チャンプ:大塚明夫 ワシピンク/ラプター283:M・A・O リュウコマンダー/ショウ・ロンポー:神谷浩史 ドン・アルマゲ:谷昌樹 クエルボ:浪川大輔 ククルーガ:内田直哉 エキドナ:恒松あゆみ アキャンバー:小宮有紗 ナレーション:木村昴

◇スタッフ

原作:八手三郎 脚本:毛利亘宏 音楽:山下康介 アクション監督:福沢博文 特撮監督:佛田洋 監督:柴崎貴行

◇主題歌

オープニング「LUCKYSTAR」 歌:幡野智宏 エンディング「キュータマダンシング!」 歌:松原剛志 ダンス振付:ラッキィ池田氷室幻徳(ひむろ・げんとく):水上剣星

宇宙戦隊キュウレンジャー動画最新話までのネタバレあらすじ感想

過去に戻ろうとするツルギ達の乗るオリオン号にインダベーが潜んでいましたが、

そのインダベー達がなんだか可愛くみえてくる不思議な回でした。

手下として作られた生き物で、マスクがはずれれば喋ることもできる。新しい発見でしたが、あまり今後の戦いにはやくにたちそうな気はしませんね。

残業ばかりで休みがなくてつらいとか、仲間が増えていくキュウレンジャー達が羨ましくて仲間にしてほしいと逃げ込んできたと嘆く

インダベー。このシーンの時、本当は作戦なのではないか、でも嘘ついてる感じではなさそうだなとまんまと視聴者の私が騙されていました。ツルギはしっかりしていましたね。

インダベー達、名乗りやポーズの見せ場があって面白い敵キャラでした。なかなかきまってました。この一回で出番がなくなるのなんだかもったいないとすら思ってしまいましたよ。

全体的にドタバタのおふざけの多い笑いの話だったような。

BN団もいいけど、チャンプとスティンガーのコンビも好きなんですよね。

兄貴よびのこたろうとスティンガーの組合わせも良いし。

ところで、ドンアルマゲの隠そうとする過去には邪魔も入りまだたどりつけないまま。来週に持ち越しになるのかと思ったら、次はナーガの話になるようですね。

ドンアルマゲの不思議も気になりますが、今はとにかくナーガが気になります。

今回は、今までの総集編という感じが多かったです。

話の進みは遅くなりますが、

これはこれで楽しめましたね。これまでのキュウレンジャーの出会いや活躍シーンが沢山。

全話みているので、このシーン懐かしい、ここ良かったねと。

それらに対してキュウレンジャー達のコメントがあるのも良かったです。

それぞれのキャラがあるから会話もクスッと笑えますね。

次回はシリアスになりそうな気もするので、メリハリになりそうです。

 

宇宙戦隊キュウレンジャーこれまでの感想ネタバレ

 

 

過去に戻って、まずはドンアルマゲをツルギは本当に倒せていたのかを確認しにいくことになりました。これもさらっと言ってましたが、簡単に出来るのかはとても不安ですね。

過去を変えれば未来まで変わってしまうという事で、注意を払い続けての確認作業になってしまいそうな予感。

なにせ、ドンアルマゲは一筋縄ではいかなそうですから。気がついて邪魔してきそう。

バランスは機械生命体だから機械を操作できるという便利な設定でしたが、今回は今までよりは手間取っていたような気がしました。

できることなら、ナーガと楽しく息抜きをして欲しかったです。

一人でオリオン号をなおしながら「皆は楽しんでる?いいな、僕もナーガや皆と息抜きしたい」というセリフにバランスの優しさを感じました。ナーガの事いつもおもっててほほえましいです。さすが300歳。

ナーガは感情を取り戻すため、敵の誘惑にのってしまいましたが

その時に、感情を取り戻せばバランスは喜んでくれる

と言っていたナーガのセリフが切なくなりました。

バランスに喜んで欲しい、一緒に笑ったりしたいと願うというのは明かに感情だと思うのですが

そういうことにナーガは目を向けられていない気がするのですよね。

ナーガが登場した話の時に、祖先が平和に暮らすために感情を薄くしたというエピソードはでてきましたがいつかは深く掘り下げるのかと思っていました。ここに来てだったのですね。

しかし、もともとは激しい感情があって、憎しみなどから争いを繰り返していたという一族だったのなら、感情をうすめて確かに平和にはなったのでしょう。けれどそれによって祖先が感情を欲しがり悪にいってしまうとはやはり皮肉なものです。

敵の幹部であるアキャンバーは、強いだけでなく頭を使って戦ってくるタイプ。厄介です。

ナーガがサイレントスターではなく、

ダークチェンジしてヘビツカイメタルになってしまいましたし。

ちょっとくねっとした感じで蛇っぽさを感じます。

我が子はヘビツカイメタルかっこいいと喜んでました。その気持ちは分かるのです。

けれど、皆がナーガを取り戻すと意気込んでいるシーンをみて

えー、ヘビツカイメタルかっこいいから戻らなくて良いのに!と文句を言っていたのです。

ストーリーよりもただかっこよければ良いのかと驚きました。

バランスにナーガを救って欲しいと期待している母としてはなんだか複雑。

次回に続く回になってしまいましたが、ナーガの声ってこんなに違う声も出せるんだなぁと感心した回でもありました。

 

コメントを残す